まほらまと眞秀玉 mahoramato.com ~日本の自立再生が世界を救う 

 <まほら>とは、やまとことのはで、美しい場所、心癒される場所、最も素晴らしい立派な場所、平和で豊かで住みやすい場所という意味になります。つまりはユートピアであり、理想郷です。

 

<ま>は、美しい。

<ほ>は、秀でる。

<ら>は、場所。

<まと>とは、目的や目標です。


 つまり【眞秀玉-まほらまと-】は、私達の祖国日本を、最も素晴らしく美しい国であることを目標とする。これが「まほらまと」が示す意味となり、私達【眞秀玉-まほらまと-】研究員の使命です。それにはまず、世界人類が飽和絶滅へと運命付けされた「拡散志向(グローバリズム)」である「生産ベース経済」から、収束志向の「再生ベース経済」へと思想思考の転換を図り、この「再生経済理論」を日本が率先して具現化して世界に模範を示す。すると各国それぞれが内需拡大の「無限小方向への発展」に向かうことになります。まさに真の世界平和の実現は、日本の自立再生にかかっているといっても過言ではありません。

 

 日本の自立再生(まほらまと)実現には、第二次産業革命ともいうべき技術革新が不可欠です。この再生技術の革新は、日本人の原点である感謝道、つまり「祭祀」による祖先と万物への「感謝」が根底にあってこそ革新的技術開発が可能となり、内需拡大モデルの永久運動が無限小への方向で成長を続けることが可能となります。

 

 「祭祀」の機能とは「人類融和」であり、「融和の科学技術」は祖先と万物への感謝から生まれます。この

「祭祀の復活」による「融和の科学」が、天照大神さまの「御統(みすまる)の珠(たま)」が示す、「数多くの国々の霊(たま)を壊さずにひとつの連珠に繋ぎ合わせて、一つの統一された霊(たま)にすることにある。」を実現します。これは数珠やロザリオと同様の構造であり、国境をなくして一つの国にまとめるのではなく、個々の自立した社会や国家を連結させることであり、「まほらまと」とは、「御統の珠」の一つ一つの珠(たま)=世界人類平和を意味します。

 

 世界が自立再生論を選択し、誰もが安心して平和に暮らせる真の絶対平和、御統(みすまる)の珠(たま)を私達のオノコロジマである、この地球上に実現する。その為の具体的課題に取り組むことが、日本の、そして日本人の天命であると私達は考えます。南出所長の著書「まほらまと」は、誰も具体的に示したことがなかった、地球世界人類平和を実現するための、唯一の「平和実践論」です。

 

 「まほらまと」の実現は、祖先への報恩であり、可愛い子孫への贈り物なのです

 

 【眞秀玉-まほらまと-】は、まほらまと研究所の所長である南出喜久治先生の著書、國體護持總論(こくたいごじそうろん)普及版シリーズ第六巻「まほらまと」を基軸とした、日本の自立再生社会実現への主なテーマ(課題)についての研究、探究、応用技術開発、これらを公開講義/講演を通じて広く社会に伝え、まほらまと草紙による啓蒙としての出版活動を担う機関です。また既に日本の中小企業が保有する革新的技術を護持し、さらにそうした素晴らしい技術の発掘と応用開発支援にむけて、全力を尽くす所存です。

 

 

まほらまと研究所

 

まほらまと草紙

     

まほらまと研究所所長 南出喜久治先生のご紹介

 

南出喜久治所長

昭和25年京都市生まれ。京都市立堀川高校卒業。弁護士。税理士。憲法学会会員。著書には「日本国家構造論ー自立再生への道」(政界出版社)、「日本国憲法無効宣言」(渡部昇一氏との共著、ビジネス社)、主著「國體護持(初版)」を平成20年8月にインターネット上にて公開。より「占領憲法の正體」(国書刊行会)、平成21年12月に全漢字にふりがなをつけた、國體護持總論〈普及版シリーズ〉第一巻「くにからのみち」、第六巻「まほらまと」が出版される。

   

ページトップ